New Page
         ↑
ココをクリックして新しいHP
にジャンプして下さい。

http://www.kamoya-ne.com/

トップページ商品カテゴリお支払・配送について運営者の紹介新着情報お問い合わせカートの中

 前ページに戻る                     < new Kamoya porterの取り扱い説明> 

1

セット内容は,ベース台座×1、スペーサー<(後ブラック)×1、前ホワイト×1>、ノブねじ×1、アタッチメント金具×1、カバー。
 

 

7

あとはカバーを被せたら完成です。
写真はテンションガードを装着していますが、エンドをガードするものを装着してください。(お手持ちのもので結構です)
 必ず行く前にシュミレーションを行ってください

2

シートポストにベース台座を取り付けます。(上下どちらでも結構です)
適当な状態でクランプを留め、ノブをしっかり締め付けてください。しっかり締め難い場合はノブを付属のボルトに交換してレンチで締めて下さい。

 

 

8

ハンドルを持って押してください。

3

取り付けたベース台座にアタッチメント金具をノブねじで取り付けます。

 

9

階段など持ち上げる時など上部のポケットからトップチューブなどを持って下さい。

4

ホイールのクイックレリーズのレバー側にスペーサーをはめてアタッチメント金具に取り付けて下さい。
 スペーサーのブラックは後輪、ホワイトは前輪です。

 

 

 10

 

 押すとカバーにタイヤが引っかかる場合はカバーの後ろ部分をめくり上げてください。(マジックテープで留まるようになっております。
 

 

 5

 ハンドルをフレームにベルトやヒモなどで固定して下さい。

 

 

 

 もし、ハンドルやブレーキレバーがタイヤと接触する場合、アタッチメント金具の長い方に後輪を取り付けます。
また、ベース台座を少し捻って取り付けることも可能です。

 6

 

通常はアタッチメント金具にホイールを取り付ける際、短い方が後輪で長い方に前輪を取り付けます。
これで自転車の畳みは完成です。

 

 

 

 

  <注意>
#無理に取り付けをしないで下さ
  い。
#畳んだ後に乗車したり重いものを  載せないでください。
#駅のホームなどで押す場合、他   人に当たったり接触しないように  ゆっくり押して下さい。

 Kamoya porterのページに戻る                                                                                                          トップページに戻る